よりよい透析をめざして

.jpg

週3回、1回4時間の透析は本当にベストな治療回数・時間なのか?

週3回、1回4時間、というのが日本における血液透析の標準的な治療回数・時間ですが、「標準的」だからと言って、本当にそれが「ベスト」なのでしょうか?

透析のことを「人工腎臓」ともいいますが、一方、生体の腎臓はどうかというと、一日も休まず、24時間ずっと働き続けています。

そもそも

  1日おきに働く臓器なんて、どこにありますか?

  1日4時間しか働かない臓器は?

そんなパートタイマー的な臓器など、私たちの体のどこを探してもありません。

この断続的な治療方式こそが、透析療法最大の欠点であり、最大の課題でもあるのです。

透析時間が長ければ長いほど、透析回数が多ければ多いほど体には良い

ホンモノの腎臓に近づくためには毎日、休みなしに透析を続ければよいのですが、そんなことをすれば病院から帰ることができなくなります。

そこで、心不全や尿毒症が顕在化しない程度にぎりぎり時間を切り詰めて、透析回数も減らした結果、妥協案として週3回、1回4時間が「標準的」な治療方式となったのです。

週3回も1回4時間も、医学的には決して満足できない妥協の産物なのです。

理想的な透析とは

最も理想的な透析は、自宅にいながら、毎日持続的に血液をきれいにする方法ですが、そのような方法は腎移植くらいしかありません。

腹膜透析も自宅で毎日おなかのなかに透析液を入れることで、血液をきれいにする治療法ですが、血液透析に比べると透析効率は著しく低いため、理想とはほど遠いと言わざるを得ません。

やがてiPS細胞などによる腎臓再生医療が現実になってくれば、それこそ腎移植なみに理想的な回復をもたらしてくれますが、そのような時代が来るのはまだ当分先の話です。

よりよい透析をめざして

私たちにできることは、今ある技術や手段を利用して、できるだけ日常生活への負担少なく、できるだけ透析効率を高めた治療法を追求することだと考えています。

長時間透析

もっとも単純な話ですが、日中の時間に余裕がある人なら、少しでも長く透析をすることがよりよい透析への第一歩です。

週4回透析

透析回数を増やすことも、よりよい透析へつながる有力な対策です。当院では、月・水・金・土と透析を施行する「週4回透析」にも取り組み始めています。

【注】現在当院では火木土診療を開始していないので、週4回目の透析は上尾駅前クリニックで実施しています。

腹膜透析・血液透析併用療法

腹膜透析を週6日行い、週1回血液透析をする、という、腹膜透析・血液透析併用療法も両者の欠点を補い、長所を伸ばす良い治療法です。当院では腹膜透析管理は今のところ行っていませんが、他院で腹膜透析管理を受けながら、週1回当院で血液透析を実施することは可能です。

在宅血液透析

自宅に透析の機械を置き、自分で機械や透析回路のセッティングを行い、自分で針を刺して透析をする方法です。自分で針を刺さなくてはならないこと、場合によっては自宅に電気工事が必要、毎月の水道・電気代が嵩む、ダイアライザー・回路など医療廃棄物が多い、等々問題点もかなりありますが、自宅で透析をするため、通院透析に比して時間的制約が少なく、連日透析や長時間透析にも対応可能です。

×オーバーナイト透析

一晩かけて透析を行う方法で、長時間透析でないと除去しにくい低分子蛋白領域の尿毒素を除去しやすく、長期透析合併症対策としても有効です。夜を使うので、日常生活への影響は比較的軽いと考えられます。

【注】当院では現在のところ、人員不足などの理由でオーバーナイト透析をオープンする予定が立っていません。